トップページ > 予防歯科

 予防歯科

ここでは、年齢別に口の中のお手入れの方法をご紹介いたします。 乳歯の虫歯治療は将来永久歯を本来の位置に導くためにも 子供の成長、発育にも虫歯予防・治療はとても大切です。 1才6ヶ月検診や、虫歯予防に有効なフッ素塗布も定期的に行っております。


この時期歯ブラシで磨いても痛がるお子さんが多いので、 授乳後や食後はガーゼを親指と人指し指に巻きつけ下から上へ動かしふきとりましょう。 普段から口の周りを触ってあげるようにして、 だんだんと口の中に歯ブラシを入れる練習をしましょう。
無理に歯ブラシを口の中へ入れてしまうと歯磨きを嫌いになってしまうので、 おもちゃの歯ブラシなどで遊ばせ慣れさせましょう。 また歯ブラシの毛先を使い一定の順番で磨いてあげましょう。 そうすれば子供はいつ終わるかわかるので我慢できると思います。
3歳になると乳歯が生えそろってきます。 歯と歯の間にすき間が出来ますが 大きな永久歯が生えるために必要なすき間なので 問題はありません。 また必ず仕上げ磨きをし、 小さな横磨きで歯ぐきを傷つけないように注意しましょう。
乳歯の根が吸収され始める時です、 歯磨きをする習慣を子供につけましょう。 また子供と一緒に歯磨きするのも効果的です。 この時期も引き続き磨き残しをチェックしてあげましょう。
だんだん乳歯が永久歯へと生え変わる時期です。 “6才臼歯”と呼ばれる歯が生えてくるので 歯ブラシの毛先で優しく磨くようにしましょう。 生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいので注意して磨きましょう。
永久歯が生えそろう時期です。虫歯と同時に歯肉炎にも注意が必要です。
※歯肉炎とは・・・磨き残しが原因で歯ぐきが炎症をおこし赤く腫れること。
   
 
  奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。 ここにシールをしてむし歯を予防する方法があります。 これがシーラントです。 シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。
ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に健診をする必要があります。
シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。 また、これらの処置は初期のむし歯の治療法としても行います。
   
 
  フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。 このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。

1.歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
2.脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
3.フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさけます。
(たまったつばは吐き出してください。)

これを年に2〜3回実施します。 このほかにもフッ素の洗口法(うがい)やイオン導入法などがあります。
ご家庭では、フッ素入りの歯磨き剤の使用をおすすめします。
     
 

Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) わかば歯科クリニック 小児歯科 All Rights Reserved.