トップページ > 虫歯の治療

 虫歯の治療

小児の歯科治療

乳歯も永久歯も虫歯の治療に特に違いはありません。 穴が開くようなむし歯は削って金属やプラスチックで詰めるのが基本です。 もっと深いむし歯や痛んだ歯は神経を取るような処置をして金属冠をかぶせたりします。
いずれの処置も麻酔をして治療されることが多く時間もかかりますので、 子どもさんにとっては嫌なものです。 乳歯はどうせ生えかわるものというのはまちがいです。 お子さんの正常な成長発育には欠かせないものです。 きれいな乳歯はきれいな永久歯や正常な歯ならび・かみ合わせへの第一歩です。 治療と同時により予防もさらに大切です。


レーザーによる虫歯検査

ダイアグノデント  とは、むし歯測定器のようなものです。 従来より、むし歯は目で見て、レントゲンを撮って、確認してきました。 現在もその基本は変わりませんが、ダイアグノデントを使う事により、 より客観的かつ正確にむし歯を診断し早期治療に役立てています。



Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) わかば歯科クリニック 小児歯科 All Rights Reserved.