トップページ > 歯の知識

 歯の知識

誰もが、わが子の成長は楽しみなものです。
初めて乳歯が生えてきた時、乳歯が抜けて永久歯が生えてきた時・・・と、 お子様のお口の中の環境はどんどん変わっていきます。 そんな時、次はどの歯が抜けるのだろう、何歳で生え変わるのだろうと 疑問を持つことでしょう。



<上顎>

乳中切歯・・ 8から12ヶ月
乳側切歯・・ 9から13ヶ月
乳犬歯・・・16から22ヶ月
第一乳臼歯・13から19ヶ月
第二乳臼歯・25から33ヶ月
<下顎>

乳中切歯・・ 6から10ヶ月
乳側切歯・・10から16ヶ月
乳犬歯・・・17から23ヶ月
第一乳臼歯・14から18ヶ月
第二乳臼歯・23から31ヶ月
前から 永久歯の名前 上あご 下あご
1番目 中切歯 7〜8歳 6〜7歳
2番目 側切歯 8〜9歳 7〜8歳
3番目 犬歯 11〜12歳 9〜10歳
4番目 第一小臼歯 10〜11歳 10〜12歳
5番目 第二小臼歯 10〜12歳 11〜12歳
6番目 第一大臼歯(六歳臼歯) 6〜7歳 6〜7歳
7番目 第二大臼歯 12〜13歳 11〜13歳
8番目 第三大臼歯(親知らず) 生える人と生えない人がいます
永久歯は乳歯の下で育ち、生えるときを待っています。 「どうせ生え替わるから」と乳歯のむし歯を放っておくと、 乳歯の下で待機する永久歯に悪影響を与えます。 乳歯のむし歯は必ず早めに治療しましょう。
永久歯の中で最も早く生えてくる歯のことを「第一大臼歯」といいます。 6才くらいに生えてくるので「6才臼歯」とも呼ばれます。
(生えてくる時期には個人差があります)

第一大臼歯は永久歯の中で一番始めに生えてきて、 上下の歯の噛み合わせを決定します。 そのため、正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、 顔の形、噛み合わせに悪い影響を及ぼします。

乳歯の1番奥のさらに奥に生えてくるので歯ブラシが届きづらくなります。 そのため、みがき残しが多くなります。 また、生え始めの時期はエナメル質も柔らかく、 酸にとても弱い状態なのでむし歯になりやすい特徴があります。

Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) わかば歯科クリニック 小児歯科 All Rights Reserved.